壁打ち

カルピス:水=0:10くらいの濃度

宮城旅行:01

先日、宮城は仙台へ大学時代の友人と旅行に行ってきました。

 

目的は『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」進化の夏』を観に行くこと。

今まで東京凱旋のタイミングですべて観劇していたんですが、何故宮城に行くことになったかというと、聖地であるのも勿論。それを抜きにして旅行がしたかった。

チケットを取る際に友人と「宮城と大阪に2人でそれぞれ応募して、取れた方に旅行がてら行こう」となり、私は大阪、友人は宮城に応募。

結果はご覧の通り大阪落選。USJ行きたかったなあなどと思いつつ、宮城をしっかり楽しんできました。

 

先に言っておくことがあるとすれば、オタクとの旅行はめちゃめちゃ楽しい。

 

 

 

旅行するにおいてまず1番にやりたかったのが旅のしおり制作。

しおりに関しては別の記事にまとめましたのでそちらをご覧ください。

 

sbpi.hatenablog.com

 

 

1日目

 

今回仙台へは夜行バスで向かいました。

新宿から仙台駅まで3列シート平日片道5,000円ほど。土日は7,000円ほどだったかと。

どうせお金使うなら現地で沢山使いたかったのと、お互い仕事が忙しかったので何連休もできないという理由から。

この日はお互い就業後に新宿へ集合。なぜかこの日だけ大雨。

明日は確実に晴れると聞いていたのでなんとしてでも傘を買いたくない。(結果あまりにも雨が酷くて買った)

 

 

nokishita

 

バスに乗る前に腹ごしらえを。友人のオススメである新宿東口方面の『nokishita』へ。

食べるのに夢中で写真撮り忘れました。

仕事終わりのサラリーマンが多く、店内はカウンターとテーブル席が3席ぐらい?見えるところからはそれぐらいでした。まだあるのかな。

普通のたらこを頼みましたがおいしい~。幸先がいい~。

さっぱりしていて美味しかったです。サクッと美味しくご飯食べるのにはちょうどいいかも。

 

 

[食べログ]スパゲティーnokishita

 

 

 

 

 

夕食を済ませ24:00頃出発のバスを待つ間、ベローチェでお茶。

バス待ちの間、充電が切れそうで通信規制にかかっている友人から、FF15のプレゼンを受けました。

 

f:id:sbpi:20171011110707j:plain

 

熱量が半端じゃない上に説明が非常に分かりやすい。

端から見ていた人間としては「どういうこと?」がめちゃめちゃ多かったので、それが一気に解決できて、よりプレイしたくなりました。そして私はイグニスが好きです。(友人の想像通り)

プレイしたいけど環境に難があって、それだけどうにかできたらプレイできるんだけどなぁ・・・。

 

そんなこんなで時間になり、夜行バスで仙台へ!

私の席は座席が壊れててほぼ直角のまま倒れない&ひじ掛けがいきなり落ちてくるおかげでほとんど寝れてない。夜行バス何度も乗ってるけどこんなに寝れないバスは初めてでした。

 

 

2日目

 

若干ぐったりで仙台へ降り立つと第一声、「さっっっむ!!!!!」

その日は11月並みの気温と予報が出ていて「知ってる天気予報と違う・・・」状態。

寒さにやられお腹を空かせた我々は、食べ物を探しにうろつきます。

 

仙台駅東口のBiViの前にあるバスターミナルで降ろされたのですが、入れそうなモーニングやってる場所がない上に寒い。行動範囲が狭まります。

サイゼリアを発見するも、BiVi内の店舗なので営業時間外。

マックに駆け込みました。学生時代以来だよ。

 

 

マックで寒さをしのぎ、ホテルに荷物を預け、銭湯へ向かいます。

ホテルに荷物を預けた際、推しのおまんじゅうを一緒に預けてしまい、完全に敗北です。

 

 

気持ちいいくらいの快晴でしたがまあ寒い。

 

f:id:sbpi:20171011135236j:plain



 

仙台コロナの湯

 

仙台駅周辺には女性が入れて駅近な銭湯が全くない。調べている段階でこんなに苦戦した事は今まで全くなかったのでびっくり。

 

今回は仙石線(せんせきせん)陸前高砂駅からタクシーで10分ほどの『大江戸温泉物語 仙台コロナの湯』へ行ってきました。
タクシー料金は片道900円前後。

 

この日は仙石線沿いを移動するのでアクセスが良かったのと、夜行バス後なので早朝(朝8時)からやってるのでここを選びました。タクシー移動必須ですが、他にないから仕方ない。

タクシーのおじちゃんに「この辺銭湯少ないですね~。」と話したら「昔はもっとあったんだけどね!」と言われたので、銭湯業界中々厳しいんだなあと思いました。新宿の愛用していたスーパー銭湯も去年閉館しちゃったし。

スーパー銭湯好きな身としては残念でならない。

 

入浴料に300円プラスで岩盤浴が利用できるそうで利用してきました。友人は「近所にこんなんあったら確実に通う」と言いながら汗をかきながら就寝。

岩盤浴で汗をかいて、しっかり流した後、温泉へ。広々としていて朝から入る人の少ない露天風呂は最高以外の何物でもない。

 

 

korona.ooedoonsen.jp

 

 

 

 

ヨシタケ食堂

 

さっぱりした後は仙石線 松島海岸駅へ向かいます。

松島での観光プランですが、ノープラン。歩いてれば楽しいだろうと思ってましたが、本当に歩いてたら楽しい。

 

駅を出てすぐにいくつか飲食店・屋台(?)が並んでおり、空腹が勝っていた私たちは小腹を満たすために『ヨシタケ食堂』というお店へ。

小さいお店で、雨の日は営業できないだろうなってぐらいオープン。(物理)

屋台みたいな感じです。

 

f:id:sbpi:20171011135927j:plain

 

そこで私はちょい飲みセットの牛タン串焼とビールを。友人は牡蠣を食べてました。 

天気が良かったので歩道にあるテーブルで食べましたが、海風をなめてたので2回も周辺マップを吹っ飛ばしました。(ちゃんと拾った)

 

 

菓匠 三全

 

すっかりいい気分になり、島の奥へ向かって歩いていると『三全』さんの店舗を発見。

飲みたかったずんだシェイクの看板も発見し吸い込まれて行きました。

 

f:id:sbpi:20171011141112j:plain

 

 

ずんだシェイク、想像の5万倍美味しかった。

 

f:id:sbpi:20171011155137j:plain

 

ずんだとシェイクのバニラミルクがとても濃厚で、癖になる味でした。あの味が今でも忘れられない。

ちなみに大丸東京店、東急渋谷店でも飲めます。是非皆にこの美味しさを知ってもらいたい。

 

ずんだシェイク | ずんだ茶寮 | 菓匠三全

 

 

 

歩いていると何度も『抹茶ビール』なるものに遭遇し飲みたかったんですが、水分でお腹がジャブジャブだったのでやめました。リベンジしたい。この際だから東京でもいい。

 

 

 

瑞巌寺

 

瑞巌寺伊達政宗が4年かけて建てたお寺だそう。

ところどころに"伊達の美学"がしっかり反映されていて、思わずうっとりしてしまった。金屏風は修復したようで、瑞巌寺の中はとても豪華に感じました。

青龍殿(宝物庫)には修復していない屏風や、伊達家の使用した物等が沢山見れた。

中学生の時に観た京都のお寺も感動したけど、大人になってから見るお寺は鳥肌が立つほど美しくて感動した。大人になったな・・・・。

 

f:id:sbpi:20171011155708j:plain

 

 瑞巌寺の見学を終えてお寺のある通りから大通に出るまでの道。

天気が良くて石畳の上を歩くのが気持ち良かった。

 

 

 

松華堂菓子店

 

「ちょこちょこ食べてるからお腹いっぱいにならないなあ~」とか言いながらまたちょこっと食べるために松華堂菓子店さんへ。

 

 

f:id:sbpi:20171011171637j:plain

 

 

ことりっぷで見て「絶対行きたい!!」と言っていたお店なので行けてよかった!

五大堂のすぐ近くです。栄えている所にあるので分かりやすい。

 

 

f:id:sbpi:20171011171625j:plain

 

 

窓側の席に座れたので景色を堪能してゆっくりできました。

左側にチラッと見えているのが五大堂。

右側に少し見えてる船着場ですが、見に行ったら3,000円くらいで遊覧船に乗って島の案内をして、仙石線沿いの駅に下ろしてくれるコースがありました。勿論いくつかコースがあって、有りかなあと思いましたがこの後の時間と照らし合わせてみて断念。

 

 

 

f:id:sbpi:20171011171631j:plain

 

カステラとほうじ茶のセットを頼みました。

カステラは、ふわふわというよりももちもちで、程よい甘さ。ちなみに底はザラメです。

店内は席の数も多くないので静かでゆっくりと一息つけました。

時間帯考えないと混んでるかも。

 

カステラは店内でもお土産として購入できますし、仙台駅に併設しているエスパルでも購入できるそうです。
ちなみに私はエスパルで買うつもりでいたのにすっかり忘れて帰ってきました。悲しい。

 

 

ババヘラアイス

 

f:id:sbpi:20171011173808j:plain

 

これは場所でもなんでもないんですが、友人が食べていたので。

名前を聞いて「ババアがヘラで作ってるからババヘラなんか!?」と言ってましたが、意味を調べました。

 

 

ババヘラは、主に秋田県 で露天販売されている氷菓 の一種、およびその販売形態。「ババヘラアイス」とも呼ばれ、また一部地域では「ババベラ」とも発音される。

販売員を務める中年以上の女性(おばさん)が、金属製の「ヘラ」を用いてコーンへ盛りつけることによる呼び名である。

ババヘラ - Wikipedia

 

 

 

まじでか。

間違ってなかったけどなんか申し訳ない気持ちになってきた。

 

このアイス本当に匠の技で、作るところが見えたんですが、すごいんですよ。ヘラでアイスをすくって外堀からどんどん花びらを作って攻めてくの。伝われ。

松島では五大堂の近くにある小さなお店で食べれます。他にも食べれるところあるのかな?

 

ちなみに発音はババ↑ヘラ↓らしい。

 

 

 

 

まだ2日目続くけど長いので一旦終わり。

続きはまた今度。